住宅ローンの重要性

住宅ローンの負担は、個人にとって非常に大きなものです。
一般的に、返済が税込年収の 25%~30%という方が多いのではないでしょうか?
この負担の大きい住宅ローンを見直すことによって、負担軽減効果を最大限に享受できるようにしましょう。

住宅ローン 借換のタイミング

次のような状況の方がみえましたら、一度検討されてみてはいかがでしょうか?

旧住宅金融公庫融資で返済中で、まだ借換えをされてみえない方

固定金利選択型銀行ローンで返済中で、まもなく当初の固定期間が終了をむかえる方

現在の返済金利と借換え金利との金利差が一定程度以上や残存返済期間が一定年数以上及び、融資残高が一定額以上などの諸条件を満たす方

   ○ 借換えメリットがあるかをこちらの判定ソフトで試してみてください (Microsoft Excelファイル)      

固定金利選択型10年で3年以上前に融資を受けられた方

住宅ローン 金利比較について

適用金利については現在、一定条件を満たすと融資実行時の店頭金利より○.○○%差し引いた優遇金利を適用しますといったものが一般的です。
この優遇金利や条件については、各金融機関または借入時期によって違ってきますので、一概にどこの金融機関が一番有利かは判断できません。
一般の方が、各金融機関の情報を随時つかんでおくといったことや総合的に判断してどこの金融機関が有利かといったこと又は、どういった段取りで話をすすめていったらいいのかといったことなど専門的で面倒なことを行っていくのは大変なことです。
そんな時に当サービスをご利用いただければ、お客様と金融機関との間に入ってコンサルティング致します。
また、新規で住宅ローンを検討中のかたは、どこの建築業者に頼まれたかによっても適用金利が違ったり致します。
住宅建設を検討される段階から相談してもらえるとよりいろんな話ができるかと思われます。
ぜひ、お気軽にご相談下さい!!